• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1096
  • 公開日時 : 2018/07/05 09:43
  • 印刷

踏切での事故対策に対しては、どのような取組みを行っていますか。

回答

踏切における安全対策として、「障害物検知装置」や「踏切支障報知装置」などの安全設備の整備をさらに進めていくとともに、踏切を見やすくする対策としてオーバーハング型警報機等の設置をすすめています。
また、踏切を通行する歩行者やドライバーに対して事故防止にご協力いただけるように、「踏切事故ゼロ運動」によるキャンペーンを展開しています。

詳細につきましては、JR東日本ホームページの「究極の安全を目指して」~着実にリスクを低減させるにある「踏切事故対策」をご覧ください。

【関連リンク】
「究極の安全を目指して」~着実にリスクを低減させる

アンケート:ご意見をお聞かせください