• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1085
  • 公開日時 : 2018/07/05 09:43
  • 更新日時 : 2018/10/29 11:08
  • 印刷

自転車等の大きな荷物を持って、列車に乗ることはできますか。

回答

次のような条件に該当している場合には、持込が可能となります。

<無料で持ち込みいただけるもの>
◆旅行鞄、スーツケース、スポーツ用品(サーフボードは専用の袋に収納したもの)、楽器用品、玩具、その他携帯できる荷物
※スポーツ用品、楽器、娯楽用品などは、長さの制限を超える場合であっても、車内で立てて携帯できるものは持ち込むことができます(専用の袋、ケースなどに収納するようにしてください)。

◆自転車は、サイクリングやスポーツ大会などに使用する解体して専用の袋に収納したもの、折りたたみ式自転車で折りたたんで専用の袋に収納したもの


<有料で持ち込みいただけるもの>
◆子犬・猫・鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、
・長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースに入れたもの
・ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの
※少量の小鳥、小虫類、初生ひな、魚介類でケースに入れたものは無料です。

◆手回り品料金は、1個につき280円です。ご乗車になる駅の改札口等で荷物をお見せの上、普通手回り品きっぷをお求めください。

【関連リンク】
きっぷに関するご案内-手回り品

アンケート:ご意見をお聞かせください